新規会員登録

どベンチャーをご利用いただくには会員登録が必要です。以下の利用規約に同意頂いた上でご登録手続きを進めてください。

どベンチャー会員規約

株式会社グローバルステージ(以下、「グローバルステージ」という)が企画運営を行う、どベンチャー利用に関する条項を記載します。 ご利用する際に、必ずご一読ください。

第1条(総則)

グローバルステージが運営する「どベンチャー」(以下、「どベンチャー」という)が提供するサービス(以下、「本サービス」という)は、インターネット上のサイト(http://www.doventure.jp)を通じて直接的、間接的に提供されるすべてのサービス、および当該サイトに付随するその他の就職支援サービスを総称するものです。どベンチャーサービス利用規約(以下「本規約」という)は、サービス利用者(以下「会員」)とどベンチャーの間での、本サービス利用における一切の関係に適用されます。

第2条(会員)

1. 会員とは、本サービスを利用して就職及び転職活動を行うもので、本規約を承認し、どベンチャーが会員への加入を承認した個人を言います。
2. どベンチャーは、氏名、年齢、住所、電話番号等の個人情報を会員登録を通じて収集します。
3. どベンチャーが会員への加入を承認するに際し、以下の項目に該当すると判断した場合は、申し込み者の会員登録をお断りする場合があります。または承認後であっても事前通告なく承認の取り消しを行うことができます。

(1) 他の会員制サービス等において、会員資格の取り消しが行われていることが判明するなど、申し込み者が本規約の義務の履行を怠る恐れのある場合
(2) 申込者にサービスを提供することにより、どベンチャーの運営を妨げたり、どベンチャーの信頼を毀損したり、他の会員に迷惑が及ぶ恐れがある合
(3) 登録申込の際の必須届け出事項が、故意・過失にかかわらず虚偽または、不十分、不正確である場合
(4) 申込者が本サービスの利用目的に反する行為をしたとき、公序良俗に反する行為や犯罪行為に結びつく行為に使用する恐れのあるとき
(5) その他、どベンチャーが会員への加入の承諾をすることを不適当と判断するとき

4. どベンチャーは、故意・過失に関わらず、会員が本規約に違反したと判断した場合、もしくは、どベンチャーが会員としてふさわしくないと判断した場合、事前に通告することなく、会員資格を取り消し、本サービスの利用を禁止することができます。

第3条(情報の開示・訂正・削除)

1. 会員は、どベンチャーに対し、第1条記載のサイトを通じて、自己の登録情報の開示、訂正及び削除を請求することができます。
2. どベンチャーは、会員から登録情報の開示、訂正又は削除を求められた場合、速やかに応じます。
3. 会員の請求に基づき、どベンチャーが会員情報の全部又は一部を削除した場合、会員は、どベンチャーから退会したものとみなします。
4. 会員からの請求がない場合でも、1年間本サービスの利用がない場合、登録情報を削除されることがあります。

第4条(パスワード管理と責任)

1. 会員は、会員のパスワードの管理・使用に関するすべての責任を負います。会員が、第三者によるパスワードの使用により損害を受けた場合にも、管理者の故意・過失の有無に関らず、どベンチャーは一切の責任を負いません。
2. 会員はパスワードを第三者に使用させることはできません。
3. 会員は自己の設定したパスワードを紛失し、ウェブ上で確認をすることができなかったときは、速やかにinfo@doventure.jpのアドレス宛にメールにて申し出て、どベンチャーの指示に従うものとします。

第5条(会員の個人情報)

1. 会員の個人情報とは、会員の登録情報、または会員の本サービスの利用に関する情報・データであって、会員個人を識別することのできる情報を言います。 どベンチャーは、次の場合を除いて、第三者に会員の個人情報を開示しません。

(1) 本人の承諾のある場合
(2) 本サービスの管理・運営上の必要があるとき(外部委託も含みます)
(3) 会員の登録コンテンツが第三者の権利を侵害する旨の相当な理由に基づく申し入れがあり、会員との直接の交渉が必要とどベンチャーが判断した場合

2. どベンチャーは、第三者に管理運営上の業務を委託する場合、当該第三者に守秘義務を課するものとします。
3. 各種エントリーサービスおよび求人の申込みなど、どベンチャーが媒介する個人情報の提出が必要なサービスに会員が申込みを行った場合、とくに明示がなくても、会員はその第三者に対する個人情報の提出を承認したものとします。 また、どベンチャーは、人材採用活動を行うどベンチャー掲載企業に対し、会員の応募意志を確認の上、会員情報の全部又は一部を提供することができます。
4. どベンチャーは、会員情報を第三者に販売いたしません。

第6条(変更事項の届出)

1. 会員は、住所、電話番号、所属等どベンチャーへの必要届け出事項に変更を生じた場合、これをどベンチャーのウェブ上にて速やかに登録内容を最新のものに更新するものとします。ただし、婚姻による姓の変更などどベンチャーが承認した場合を除き、登録された氏名の変更を行うことはできません。
2. 会員は、変更届けの懈怠により、どベンチャーまたは他の会員・第三者に損害を生じさせた場合は、その損害を賠償する義務を負います。会員自身が損害を受けた場合も自身の責任とさせていただきます。また、届け出事項に変更があったにもかかわらず、変更事項の届け出がない場合、会員の本サービスからの退会を含む、必要な措置を講じることができます。ただし、どベンチャーは当該措置の義務を負うものではありません。

第7条(営業活動等の原則的禁止)

1. 会員はどベンチャーが承認した場合を除き、本サービスを使用して、営業活動、営利を目的とした利用、布教活動、選挙活動を含む政治活動およびその準備を目的とした活動を行うことはできません。第三者に営業上、宗教活動上または政治活動上の利益を得さしめる目的の使用についても同様とします。
2. 本条の定めにかかわらず、会員が禁止される営業活動を行ったとどベンチャーが判断した場合、会員は本サービスを利用して行った宣伝広告によりどベンチャーが機会損失を被ったと認め、どベンチャーの定める料金に基づき、速やかに広告料金をどベンチャーに支払うものとします。

第8条(禁止事項)

会員による本サービスの利用に際し、第7条に定める行為の他、次の各号に該当する行為を禁止します。

(1) 他の会員・第三者の著作権、肖像権、その他知的財産権を侵害する行為
(2) 他の会員・第三者の財産、信用、プライバシー等を侵害する行為。他の会員、第三者へのいわゆるストーカー行為
(3) 真偽を問わず、他の会員、第三者を誹謗中傷する行為
(4) 他の会員や第三者の名誉および感情等を害する言動
(5) 個人情報(メールアドレス、住所、電話番号、肖像、その他プライベート情報)を、どベンチャーおよび当該個人の事前の承諾なく、他の会員や第三者に送付、伝達したり、ウェブ掲示板などに開示、複写、コピー・ペースト、書き込みしたりする行為
(6) 他の会員・第三者の著作物をどベンチャーの事前の承諾なく、他の会員や第三者に送付したり、ウェブ掲示板などに開示、複写、コピー・ペースト、書き込みしたりする行為
(7) ウィルス、ハッキングなどによりどベンチャーの運営を妨害または破壊する行為
(8) おどし、わいせつ、名誉毀損、差別行為。政治活動・宗教活動、またはそれらにつながる行為
(9) 氏名、所属、肖像をいつわる行為。他の会員・第三者の氏名、所属、肖像をかたる行為
(10) メールのヘッダー偽造など、メールの出所を偽る行為
(11) 氏名やアドレスを借用してコンピュータに侵入する行為
(12) 人材採用に関する情報または人材育成のための研修会・勉強会・展示会などに関する情報で、求職者一般としての立場から有益であると認められる情報を除いた、どベンチャーの事前の許可の無い、宣伝及び広報活動、営利活動、営利を目的とした利用またはそれらにつながる行為とどベンチャーが判断した行為
(13) どベンチャーの事前の許可の無い、会員または第三者のための求人活動をする行為
(14) 営利目的の有無を問わず、不特定または多数の会員に対して電子メールを送りそれを読むこと、もしくはアンケートに回答すること等を求める行為
(15) どベンチャーの許諾なくどベンチャーの名称を使用する行為
(16) 本サービスないしどベンチャーの運営を妨げる行為、どベンチャーの信頼を毀損する行為、または、その恐れのある行為
(17) 公序良俗に反する行為、犯罪行為またはそれらと密接に関連する行為
(18) 国家安全保障に反する行為、またはそれらに繋がる行為とどベンチャーが判断した行為
(19) 法律、法令違反またはそれらに密接に関連する行為
(20) その他本サービスの目的に反する行為

第9条(禁止行為に対する措置)

1. 故意過失を問わず、会員が前条各号の行為を行ったとどベンチャーが判断した場合、どベンチャーは、事前に通告することなく、次の措置のいずれか、または、複合させた措置を取ることができます

(1) サービスの一部または全部の利用禁止
(2) 会員登録の抹消(完全退会)
(3) 一時的なサービスの利用停止
(4) 不適当な発言およびコンテンツの削除
(5) 私信メール、電話等による本人への注意・勧告
(6) (1)~(4)の処置を講じたことに関する私信メールでのアナウンス

2. 第7条及び第8条の定めにかかわらず、会員が禁止される営業活動を行った場合、会員は、どベンチャーの定める料金に基づき、違約罰として、速やかに広告料金をどベンチャーに支払うものとします。
3. 前2項の定めは、どベンチャーの損害賠償請求等の民事上の権利行使を妨げるものではありません。

第10条(発言及びコンテンツの削除)

1. どベンチャーは、本サービスの利用に関して、会員の発言やコンテンツが、第8条に該当し、もしくは該当する恐れがあると判断した場合、第2条または本サービスの運営上不適切であると判断した場合、会員にその事実または理由を通知することなく、かかる発言またはコンテンツを削除することができます。但し、どベンチャーは、発言やコンテンツ内容の事前審査を運営方針とするものではありません。
2. その他、発言・コンテンツが所定の掲載期間もしくはシステム上の保管制限量を超えた場合、または本サービスの保守管理上の必要がある場合は、どベンチャーは会員に通知することなく、これらを削除、・消去することがあります。
3. 本条の取り決めにしたがって行った発言およびコンテンツの削除によって、会員および第三者が被ったあらゆる損害に関し、どベンチャーは一切の責任を負わないものとします。

第11条(著作権)

1. 会員は、どベンチャーまたは広告主によって本サービスに提供されるテキスト、ソフトウェア、音楽、音声、写真、グラフィックス、ビデオ、ページレイアウト、デザインやその他のマテリアルを含む一切のコンテンツは、それぞれの著作権、商標権、サービスマークに関する権利、特許権、またはその他の所有権および法律によって保護されていることを確認します。
2. 会員は、会員が本サービスを利用してつくったすべての著作物および会員がつくって本サービスに登録した著作物(以下「会員著作物」といいます)を、会員のプライバシーと利益に配慮したうえで、本人の承諾を得ることなく、無償で出版物等に利用する権利をどベンチャーとその継承者およびどベンチャーから指名された者に与えることに同意します。またいかなるメディアのいかなる方法であっても、会員著作物の全体または部分を使用、配布、開示、複製またはその会員著作物からの派生的作品の作成に利用する場合、どベンチャーは会員に金銭の支払いを行う義務はありません。
3. どベンチャーは、本サービスに書き込まれた情報等の内容を、会員のプライバシーと利益に配慮したうえで、どベンチャーのホームページ上、および出版物、映像などをとおして不特定多数の人に公開することができます。会員は、本サービスの上での発言が、会員のプライバシーと利益に配慮したうえで、不特定または多数人に公開されることを了承します。なお、会員が本サービスの会員でなくなった後も同様とします。
4. どベンチャー内の個々の発言は会員個人の著作物であるが、全体としての発言の集積は、どベンチャーが設置した議論の枠組みと運営の中で行われたものであり、編集著作物としてどベンチャーが権利を有します。
5. 会員が第三者に対して会員著作物の利用を許諾する場合には、どベンチャーの権利に抵触することのないようにするものとします。 6. 会員はどベンチャーおよび著作権者が事前に許諾した場合(当該コンテンツに関する権利を有する第三者がいる場合は、どベンチャーを通じ該当第三者の許諾を取得することを含む。本条において以下同じ)を除き、本サービス上のいかなるコンテンツ(どベンチャーが会員に送信するメール、どベンチャーの主催するイベント及びセミナーの内容も含みます)も、会員個人の私的利用のための複製を除き、複製、転載、頒布、再販、アップロード、投稿、送信、販売、出版への利用、を行うことはできません。
7. 会員は、他の会員が会員著作物やその一部を個人使用の目的にダウンロードや印刷することを認める権限をどベンチャーに与えるものとします。
8. どベンチャーは、本サービスの運営上必要と判断した場合には、会員著作物の全部または一部を消去、複製、変更または翻訳等を行うことがあります。

第12条(本サービスの名称の利用制限)

1. 会員はあくまで、本サービスの利用者であり、どベンチャーの承認を得た場合を除き、名称利用は禁止します。

(1) 会員が本サービスの企画・運営者と名乗ること
(2) 会員が本サービスの名称を用いて、営業活動・就職活動を行うこと
(3) 会員が本サービスの名称を用いて、記事や本の執筆にあたること。及びに取材に応じること
(4) その他、会員が本サービスを企画・運営していると、第三者に誤解を与えるような言動およびに行為

2. 会員が本条に違反して、会員もしくは第三者が被る不利益は、どベンチャーは責任を負わないものとし、その損害は当該会員が賠償するものとします。
3. 会員が本条に違反してどベンチャーおよびに本サービスに損害を与えた場合、どベンチャーは会員にその損害を請求できるものとし、会員はその損害を賠償します。

第13条(サービス)

1. どベンチャーは、本規約のほか別途定める個別のサービス規定等に基づき、会員にサービスを提供します。どベンチャーは、会員の承諾なく、提供サービスの内容を変更する(改廃を含む)ことができます。
2. どベンチャーは、本サービスを通じて、どベンチャーが認めた者の広告宣伝、アンケート、電子メール等を配信または表示する場合があり、会員はこれを承諾します。

第14条(サービスの中断・停止・廃止)

どベンチャーは、以下の各号に該当する場合には、会員に連絡することなく、一時的に本サービスを中断もしくは停止・廃止することができます。以下の各号に該当するサービス停止に付随して、会員およびに第三者が被ったあらゆる損害に関し、どベンチャーは一切の責任を負わないものとします。

(1) システムの保守・工事などを定期的に、または緊急に行う場合
(2) 天変地変、火災、戦争、暴動、騒動、労働協議等これに準ずる事態の発生した場合
(3) システムのトラブル等による不慮の事態により、本サービスの提供ができなくなった場合
(4) どベンチャーないし本サービスを構成する関連機関が利用する電力の提供が中断された場合
(5) 本サービスを構成するインターネットサーバーが接続する上流ネットワークのルーティングトラブル等、インターネット回線に障害が起きた場合 (6) その他、運用上、技術上、どベンチャーが必要と判断した場合

第15条(免責事項)

1.どベンチャーは本サービスの、より完全な運用に努力しますが、運用の中断、停止または廃止に基づく損害賠償義務を免責されます。また、やむをえぬ事態により、本サービスの一部または全部が終了する場合があることを会員は了承します。
2. どベンチャーは、本サービス上のコンテンツの内容に責任を負いません。万一、本サービスのコンテンツに起因する損害が発生した場合でも、どベンチャーは、損害賠償義務も負いません。当サービスからのリンク先で受けた損害に対しても同様とします。また、ウィルス感染等による会員または第三者への損害についてもどベンチャーは損害賠償の義務を負いません。
3. 会員は、広告・バナーなどを通じて生じた、取引行為等に基づく損害に対して、どベンチャーに責任がないことに同意します。
4. 会員が本サービスの利用、行為により、第三者との間で争いを生じ、または第三者に損害を与えた場合、損失、負債、クレーム、要求、損害、出費(合理的な弁護士費用を含む)の如何を問わず、会員は自己の責任と費用をもってこれを処理・解決し、どベンチャーに迷惑または損害を及ぼさないものとします。会員が本条に違反してどベンチャーに損害を与えた場合、会員はどベンチャーにその損害を賠償するものとします。
5. 会員が本サービスの利用に際し、他の会員または第三者から損害を受けた場合も、自己の費用と責任においてこれを処理、解決するものとします。
6. どベンチャーは本サービスが会員の要求に合致すること、タイムリーに提供されること、安全であることまたはエラーがないこと、あらゆるエラーの修正がなされることを保証いたしません。
7. 本サービスを通じて得られた情報の正確性・完全性・有用性その他の情報価値は、会員が自ら判断するものとし、当該情報の正確性等は保証されないことを承諾します。
8. どベンチャーはシステムの安定運用に努めますが、本サービスのシステムおよびにサービスを通してやりとりされるデータは、不慮のシステムのトラブル等により失われることがあります。どベンチャーは、データのバックアップの義務及び消失データの修復の義務を負いません。
9. 会員は、全ての国際法を含む法令を守り、ユーザーが作成したリストやユーザーのアカウントおよびパスワードの下で起こった全てのこと、ユーザーのアカウント名義で作成されたリストで行われる全ての活動に自らが責任を負うものとします。
10. 本サービスは他のインターネットサイト、リソース、本サービス利用者へのリンクを含みます。どベンチャーはこれらの外部リソースとそのコンテンツの有用性に対する責任を負いません。また、これらのサイトにおけるコンテンツ、広告、製品あるいはその他のマテリアルも保証せず、それらに対するいかなる責任も負いません。どベンチャーは、直接、間接を問わず、これらのサイトにおいて利用可能なあらゆるコンテンツ、商品、サービスの使用あるいは信用によって生じた、あるいは生じたと疑われる損失、損害に対するいかなる責任も負わないものとします。

第16条(連絡方法)

会員は、緊急の場合を除き、どベンチャーへの連絡は info@doventure.jp のアドレスを通じて行うものとします。どベンチャーからの連絡については、eメール、電話、郵便、その他の方法によって行います。どベンチャーから会員にeメールで連絡する場合には、原則として、会員がどベンチャーに登録しているメールアドレスにメールを送信することをもって、メールが通常到達すべきと考えられるときに到着したものとみなします。

第17条(国際的利用に対する特記事項)

会員は、インターネットが国際性を持つことを認識し、国外でのどベンチャーの利用も行われ、当該外国法が存在することに十分留意するものとします。

第18条(紛争の解決)

1. 本規約に定めのない事項または本規約の解釈に疑義がある場合、もしくは会員とどベンチャーの間に紛争が生じた場合、信義に則り誠実にこれを解決するものとします。
2. 本規約の準拠法は、日本国法とします。
3. 本サービスに関連して会員とどベンチャーの間で訴訟の必要が生じた場合、株式会社グローバルステージの本社所在地を管轄する裁判所を専属管轄裁判所とします。
4. 会員は本サービスの使用に基づくどベンチャーに対する一切の請求権は、その原因の発生した日から1年以内にその権利を行使するものとします。一年以内に開始されなければならないこと、一年を越えてそのような要求の主張、訴訟の提訴はできないことに同意します。

第19条(規約の変更)

どベンチャーは、会員の承諾なく、本規約の変更を行うことができます。変更後の内容は本ページ内に掲載するものとし、掲載後1週間経過した時点で変更後の内容が有効になるものとします。

2011年10月15日

以上