【業種】 レジャー・旅行・ホテル・ブライダル / 生産・加工・製造・メーカー

  • 2018年卒
  • 2019年卒
  • 既卒
  • インターンシップ
霧の森(株式会社やまびこ)

霧の森(株式会社やまびこ)(愛媛県四国中央市)

事業内容:
お茶どころ新宮村で村おこしの中核施設として、くつろぎと癒し、山の味覚を提供する観光施設を運営
設立:
1998年6月
資本金:
1億2550万円(非上場)
従業員数:
70名 / 男女比: 3:7 / 平均年齢: 歳
売上高:

採用選考率

採用選考率

100%

  1. メールで教える

山間地における観光業・製造販売業の体験を通し、地域のこと、自分自身のことを見つめなおしませんか?

学生ならではの斬新なアイデアや怖いもの知らずの行動力によって従業員が刺激を受けること、また受入にあたって準備や日常のフォローをすることで若手従業員が成長することも期待しています。

必要資格・能力はとくにありませんが、自分は何者であるか、自分の存在価値は何か、自分にしかできないことは何かという探求に情熱を傾けられる学生を求めています。

現地での住込み、他大学の学生との共同生活。

現地での住込み、他大学の学生との共同生活。

日常環境から離れてここで得られる経験は、自身を見つめなおすきっかけに。

日常環境から離れてここで得られる経験は、自身を見つめなおすきっかけに。

インターンシップ概要

インターンシップタイプ 就業体験型
内容 企画販売部として受入れて教育指導の後、研修部署へ出向きます。

商圏人口の少ない僻地で観光業や製造販売業を成り立たせる方法、地域活性化の取組を学びます。

レストラン、茶室、コテージなどの観光施設では接客を通してもてなしの心を体得することができ、菓子工房ではお取り寄せ数ヶ月待ちとなっている〈霧の森大福〉の製造に携わったり施設内売店での販売を経験したりすることができるなど多彩なプログラムがあり、この中から数部署を深く掘り下げて学ぶことができます。

例年、インターンシップの学生が主体となってお盆に夏まつりを開催しており、その準備・運営に積極的に関わっていただきます。

現地に住み込んでの研修となりますので、日常の環境から離れての経験は、自身を見つめなおす契機となることでしょう。霧の森の研修はビジネススキルの表面的な向上より、まさにこの「自分探し」を主題としています。見ず知らずの愛媛県の学生、関西の学生が共同生活を送り、就職や将来の夢について夜通し語りあったり、イベントを協力して創りあげたりすることを通して、単に仕事だけにとどまらない得がたい体験をすることができます。

なお、地域活性化や自分探しについてさらに深く掘り下げて探究したい場合には、本プログラム終了後に全国の主要百貨店で開催される出張販売に同行することも可能です(ただし夏期の本プログラムの研修態度によっては同行をお断りする場合があります)。
期間 1週間~2週間、 長期休暇時
資格・対象 1年生, 2年生, 3年生, 4年生
職種 企画・マーケティング関連職, 販売・サービス関連職
受け入れ人数 2名 該当者がいれば予定人数以上の受入も。
実習手当・交通費 手当、日当はありません。

学生負担
 本社最寄駅※までの旅費
 食費(まかない3食 500円/日 程度)

弊社負担
 本社最寄駅※⇔本社間の送迎費
 宿泊費(宿直施設利用)

※本社最寄駅
 各線高速バス・三島川之江インターバス停
 せとうちバス・霧の森バス停(JR伊予三島駅経由)
勤務地 本社
勤務時間 9:00~18:00(実働:8時間/日 程度)
※部署により早朝勤務、超過勤務の場合あり
求める人物像 必要資格・能力はとくにありませんが、自分は何者であるかという探求に情熱を傾けられる学生を求めています。
特記事項 住み込みでの研修となりますが、女子学生についても例年多数受入れの実績があり(受入れ学生の大半が女子)、寝泊りに問題はありません。
山の中ですが食事(有料)はレストランのまかないが利用でき、入浴(天然温泉)や洗濯は無料ですので安心です。

応募フロー

採用フロー エントリーフォームよりお問合せ下さい
採用人数 2人

該当者がいれば予定人数以上の受入も。

先輩出身校 愛媛大学、松山大学、近畿大学、同志社大学、龍谷大学、京都教育大学、同志社女子大学、広島経済大学、高知工科大学、京都文教大学、京都学園大学、大手前大学、東雲女子大学、神戸夙川女子大学ほか

会社情報

事業内容 レストラン・温泉・コテージ・新宮茶カフェ・茶室等、サービス、販売、製造加工、宿泊等の施設の運営。
設立 1998年6月
資本金 1億2550万円
代表者 代表取締役社長 篠原 実
社員数 70名
事業所 愛媛県四国中央市、愛媛県松山市
主要取引先 脇製茶場
事業の強み 古くから「紙のまち」として有名な四国中央市の奥座敷に位置する新宮村で、特産の無農薬茶(新宮茶)を使った村おこしに取り組んでいます。
道の駅「霧の森」を運営し、レストランや温泉、カフェには季節を問わず各地からたくさんの人が来店、地域活性の先進事例として数々のメディアにも取り上げられています。
新宮茶を贅沢に使い、10年以上に亘って人気を博し、現在でも入手困難な状況が続く「霧の森大福」を製造、トップシーズンともなると施設内の売店には長蛇の列が。
また姉妹施設としてキャンプ場「霧の高原」も運営し、キャンパーから高い評価もいただいています。
男女比 男性:女性 3:7
理念・ビジョン 特産の新宮茶の振興のため、新宮茶の価値を高めることを理念に掲げています。
また多くの人が観光施設「霧の森」に訪れることで、地域に安定した雇用が生まれ、定住出来る環境作りを目指すことをコンセプトとしています。
特徴 女性が活躍している会社
小数精鋭の会社
地域のために! 山間部に位置する新宮地域は過疎化が進んでいたため地域活性・雇用創出を目的として新宮村(現・四国中央市)の第三セクターとして設立。
地域の特産品である「お茶」を活用した商品開発を進めており、「霧の森大福」が代表商品です。
霧の森のサービス 名産の新宮茶、施設内の工房で作ったお菓子をご賞味いただける茶フェや街道茶店をはじめ、茶そばや川魚を味わえるレストラン、新宮茶や大福を販売する菓子工房本店などが揃い、さらにのんびりと日ごろの疲れをいやしていただける温泉コテージも併設しています。
姉妹キャンプ場の運営 設備の整ったオートキャンプやコテージ、気軽に利用できるテントデッキのほか、グループでワイワイ楽しいバーベキュー施設が完備されています。
またプレイゲレンデやマウンテンバイクコースも備え、お子さまの遊び場としても最適です。
やりがい 村おこしだから、第3セクターだから、と堅苦しく考える必要はありません。若い社員が多く、自由な気風にあふれています。ちょっとした思いつきが採り入れられ、大きな結果につながることもしばしば。個々の自由なアイデアが観光客を楽しませ、その結果として地域住民が誇りを持てるなら、三方よし。これほどやりがいのある仕事はありません。
霧の森(株式会社やまびこ)

霧の森(株式会社やまびこ)(愛媛県四国中央市)

事業内容:
お茶どころ新宮村で村おこしの中核施設として、くつろぎと癒し、山の味覚を提供する観光施設を運営
設立:
1998年6月
資本金:
1億2550万円(非上場)
従業員数:
70名 / 男女比: 3:7 / 平均年齢: 歳
売上高:

採用選考率

採用選考率

100%

  1. メールで教える